しばらくブログを更新してなかったけど、最近時間が取れるようになってきたので再開しようかと思いキーボードを叩いてます。
これまで当ブログでは、ムダ毛に悩む女性たちのリアルな声を載せてきましたが、これからは私自身の知識と経験を綴っていこうかと思います。

ちなみに私は美容のプロではありませんが、マニアを自負しています。

中学生の頃からコスメやファッションに強い興味を持って、お小遣いやバイト代はほとんどコスメに費やして、働きだしてからはエステにも相当なお金を注ぎ込んでました。
今の年齢はアラサー周辺とぼかしておきます^^;

もちろんただ単に美容にお金を使うだけじゃなくて、知識欲は人一倍あるので雑誌や書籍で15年ほど自分なりに知識をストックしていますので、そういった事を書いていこうかなと思ってます。

実はブログが途絶えていた期間に、新しい命を授かることができ愛する子供が産まれました。

私の天使の赤ちゃん

何もかもが初体験の子育てでそりゃあもう四苦八苦して、とてもじゃないけどブログを書く時間なんて取れなかったんです。
完母で育てているので昼夜問わず2~3時間おきに授乳をしていると、睡眠不足もあって頭があんまり働かなくなるんですよね。

でも今年から子供が保育園に通い始めたので、以前に比べると自分の時間も取れるようになりました。
子育てにも少しは慣れましたし、よちよち赤ちゃんの頃と比べると多少は手がかからなくなりました。
その反面で行動範囲が明らかに広くなったので、ハイハイ時代とは違った危険性はありますけど。

そんな事もあってブログ再開となったんですが、特に私のような出産を計画しているプレママにお伝えしたいのは・・・

子供を産んだらムダ毛を処理する時間も気力も無くなるよ!!!!!!
ってことです。

ある程度はご主人の強力具合いによって変わりますが、とにかく赤ちゃんを初めて育てるのって想像以上に体力的にも精神的にも疲れます。
母乳でパワーを吸い取られてるのかもしれませんけど。
子供を産むなら若いうちにって昔からよく言われてますけど、その言葉の意味が身をもって分かりました。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入ったらゆっくりムダ毛を剃るなんてできませんし、主人に赤ちゃんを預けて一人でお風呂に入っていたとしても赤ちゃんが泣き始めたら・・・
お風呂から脱出するカウントダウンタイマーが発動します。
おっぱいをあげないといけないので、頭を乾かす暇もなく適当に体を拭いて赤ちゃんの元へダッシュ!なんて光景も日常茶飯事です。

とにかく小さな赤ちゃんを育てる間は、女としての時間はほぼ無くなって母としての時間しか取れなくなるのが現状です。
そういう未来が近い将来待っている、望んでいるのであれば出産前に脱毛だけはしておいた方が圧倒的に楽です。
ムダ毛が放置されている状態が、自分自身で嫌だと感じると思います。

子供は二人は欲しいな~なんて考えているのであれば尚更。
すね毛も脇毛もチクチク生えてる女を積極的にHに誘いたいと思う男性は冷静に考えても少ないはずです・・・
もちろん子作りとHを切り分けないご夫婦もいらっしゃるとは思いますけど。
母として子供に接することは素晴らしいことではありますが、妻・女として性的な魅力を持てなくなるのはセックスレスにも繋がるので要注意です。

私は独身時代に会社の先輩から出産・育児の大変さと壮絶さは生々しく聞いていたので、結婚前に脱毛は終えています。
この選択は本当に大正解でした。

背中がざっくり開いたウェディングドレスを来ても(贅肉という別問題はさておき)背中の産毛が気になることはありませんでしたし、何より育児中のムダ毛処理問題に悩まされることもありませんでした。
独身時代のあるていど自由に使えるお金がある時に全身脱毛をしておいて本当に良かったと激しく感じています。

だから繰り返し言います!大事だから繰り返しますよ。

結婚・出産を考えている独身女性は、今のうちに脱毛をして下さい!!

全身脱毛が金銭的に厳しいのであれば、せめて脇・腕・足はしておくべきです。
優先順位は脇→足→腕の順番です。
脇だけであればミュゼなら11月現在100円でできますし、Vラインも処理してくれてこの値段です。
足(膝下)でも4回1万8000円です。(腕の肘下も同じ値段です)

どうして脇が優先順位で一番なのかといえば、私自身の体験でもありますが、脇毛をシェーバーで剃っていると肌荒れしますし、黒ずみも気になってくるし、何より剃っても直ぐに生えてくるストレスありますよね?

直ぐに生えてくる→剃る→直ぐに生えてくる→剃る・・・を繰り返しが、肌荒れや黒ずみ、埋没毛の原因になります。

シェーバーは気をつけていても直ぐに刃の切れ味が悪くなるので、脇のデリケートな肌に目には見えない小さな傷が無数に付いてしまいます。
そのダメージがメラニン色素を活性化させて黒ずみが発生しますし、肌がくすんだ状態を引き起こすんです。
更に脇は腕や足に比べると複雑な形状なので、万全だと思っていても意外と剃り残しがあるのも珍しくありません。

で、私が驚いたのは女性の脇が好きな男性って意外といるんですよ。
脇フェチというジャンルが存在しているんです。
YouTubeでも脇フェチ向けの動画が相当数ありました。
→YouTubeでの脇フェチ検索結果

脇は普段は隠している場所ですし、脇を見せるのを恥ずかしがって嫌がる女性が大半ですよね。
それが女性のデリケートゾーンとの共通点となり、性的な魅力を感じるパーツになるんだそうです。
加えて脇汗はホルモン成分が女性のデリケートゾーンの汗と似ているのも、脇フェチ男性が存在する理由の一つなんだとか。

ということは、脇が黒ごまのようにぶつぶつしていたり、黒ずみで汚かったりすれば性的魅力が無いということになります。
でも逆にいうと、つるつるすべすべで綺麗な脇だったら性的な魅力を感じさせる武器となります。
キャミソールなんかを着て脇をチラ見せするファッションだったら、一定割合いる脇フェチ男性の視線を釘付けにできるわけでございます^^

今あなたの脇が黒ずんでいたり肌荒れしたりして汚くても悲観することはありません。
カミソリで剃るセルフケアを止めれば、汚脇の原因が取り除かれるので自然と綺麗になっていきます。
こちらのブログにそのような汚い脇から回復した実体験が綴られています。
→私も脇が汚いのに悩んだけど大丈夫。意外とキレイになるもんです

脱毛サロンはムダ毛を処理してもらうだけではありません。
美肌成分がたっぷり入ったジェルを塗ってくれるので、マイナスの状態から回復する手助けもしてくれます。

それがミュゼだったら、11月現在100円という小学生のお小遣いレベルの料金でお任せできるんですよ。
もう結婚前の独身女性だけじゃなくて、全女性が脇ぐらいはミュゼに行った方が良いと思いますよ、私は。
セックスアピールにもなる脇が綺麗になれるだけじゃなくて、あの面倒な脇毛剃りをしなくていいのはストレスフリーです。

で、ですよ。
大事なので繰り返しますが、子供を産むとムダ毛を処理する時間も気力もなくなります。
これは私のママ友でも周知の事実です。

さあ。これだけ独身時代にできる限りの脱毛をしてくべき理由がある中で、あなたは肌が汚くなるセルフケアを続けますか?
当ブログにたどり着いた女性の一人でも、私のメッセージが届けば幸いです。

PS.
今回はブログ復帰後1記事目だったので気合がはいって長文になりましたが、今度からは力を抜きます(笑)