ビキニで浜辺に寝転がる外人デリケートな部分なだけに、誰かに相談もしずらいビキニラインの悩み。
ビキニラインのムダ毛の悩みはVIO脱毛が主流になっているので、脱毛サロンに通って処理してもらっている人も多いと思います。
しかし、脱毛しただけではどうにもならないのが黒ずみです。
ビキニラインは、どうして黒ずんでしまうんでしょうか?

一番考えられる原因が、下着による摩擦です。
摩擦によって色素沈着を起こしてしまい、お肌が黒ずんでしまうんです。
また、間違った自己流の脱毛でお肌が炎症を起こして黒ずんでしまっている場合もあります。
デリケートな部分の脱毛は、安易に自己流で処理することはしないほうがお肌の傷つけることもないので安心です。

どうしてもビキニラインの黒ずみが気になる場合は、通っている脱毛サロンや皮膚科で相談してみましょう。
皮膚科だと男の先生の場合も多いので、女の先生の皮膚科を探したほうが相談もしやすいです。
専用の軟膏や内服薬を処方してくれます。

ビキニラインの黒ずみは、諦めてしまっている人も多いですが解消することが可能です。
自己判断で悪化させることがないように気を付けながら、少しつづ治していきましょう。

鏡を見る女性顔の産毛、どうやって処理していますか?
顔だけあって生えてくると目立つし、処理しないわけにはいかないのが顔の産毛。
カミソリで剃る人もいるかと思いますが、顔だけにお肌はデリケートだしもしもカミソリ負けなんてしたら学校や仕事に行くのにも支障が出てしまいます。

そこで人気なのが、ワックスで処理する方法。
ワックスなら仕上がりもきれいで、オーガニックな成分なものも多くあるので肌荒れの心配も少ないので自分でムダ毛処理したい派の人に大人気です。
カミソリで負ける心配もないし、気になった時にはいつでも処理することができます。

いくら産毛だからといっても、顔の毛を自分で処理するなんてできない。
きちんと脱毛サロンで処理してもらいたい、という人もいます。
たしかにお店の人に任せるのは楽ちんだし、お肌のアドバイスももらえるので安心できるというメリットがあります。
しかし脱毛サロンだと、すぐに効果を得ることができません。
産毛が気になった時に予約して脱毛サロンに行ったとしても、その日のうちに産毛がなくなってスッキリ!
というわけにはいかないのです。
こまめにサロンに行ける、多少お金が掛かっても問題ないという人に向いている方法です。

ちなみに私は自己処理派です。
私の場合はある日突然、鏡を見て顔の産毛に気が付くことが多いのズボラ人間。
そしてすぐになんとかしたいと思うタイプなので自己処理に向いていると思います。
自分でどんなタイプの人間なのか考えて、脱毛方法を選んで見てください。
もちろん、お肌のことも忘れずに!

何かに困ってる女性全国的に多くの脱毛サロンで行われている脱毛の方法、フラッシュ脱毛。
脱毛サロンなどで今主流の脱毛方法です。
カメラ撮影の時のフラッシュのような光で、毛が生えてこないように再生能力を弱らせることによって毛を生えてこないようにする脱毛方法です。
光はとても広い範囲に使うことができるので、背中などにも行うことができることやレーザーで脱毛を行うよりも痛みも少ないことから人気がでました。

人気がある脱毛方法とは言っても、やっぱり気になるのがトラブルです。
フラッシュ脱毛には、トラブルはないんでしょうか?

フラッシュ脱毛に限らず、物事にトラブルはつきものです。
安全だと言われ続けていたことであっても、100%安全が保証されるものはなかなかではありません。
フラッシュ脱毛の場合も同じで、脱毛をしたことによってお肌にトラブルが現れる人もいます。
脱毛は、その日の体調にも大きく左右されるものです。
風邪を引いている時や生理中の時など、普段よりもお肌は敏感になっているためにトラブルになりやすいものです。

トラブルを少しでも招きたくない時は、脱毛を受ける前に十分にカウンセリングなどの時間をとり詳しい説明を受け、施術する際には体調が抜群の時に行くようにしましょう。
その方がトラブルが防げるだけでなく、脱毛効果も十分に働いてくれるでしょう。

恥ずかしがってる女性イラストVIO脱毛をする女性が年々増えて、今では当たり前になりつつあります。
自分で手入れするのも面倒くさい部分だし、きちんと処理できてるか確認するのも難しい部分です。
下着や水着からのはみ出しもなくなって、生理の時の気になっていたムレやニオイも気にならなくなるということで年齢を問わず人気があります。
人気はどんどん上がってきていますが、デリケートな部分なだけにやっては見たいけど恥ずかしい・・という人がまだまだ多いのも事実です。
VIO脱毛するのは、やっぱり恥ずかしいのを我慢しなくてはいけないんでしょうか?

一番最初、慣れるまではやっぱり恥ずかしいという気持ちがあるのは当たり前です。
ですが案外、お店の人は気にしていないという事も忘れないでいて欲しいのです。
デリケートな部分だけに、施術してもらうのは恥ずかしいです。
しかしデリケートな部分だからこそ、お店の人は丁寧に真剣に施術してくれているんです。
サロンの方でも、できるだけリラックスできるように工夫を凝らしてくれているところがほとんどです。
足でも脇でも、最初は少なからず恥ずかしいという気持ちはあったと思います。
VIOも最初は恥ずかしいかもしれません。
でも行ってしまえば案外へっちゃらで、行ってよかったと思う人が多いからこそVIO脱毛が人気の理由のひとつなんだと思います。
今年こそ思い切って、VIOにチャレンジしてみましょう。

ローションを手に出す女性ムダ毛が薄くなるローションがあるって知ってましたか?
私は最近まで全然知らなかったんですが、抑毛ローションというのがあるんです。

名前の通り、毛が生えてくるのを抑えてくれる効果があるローションで芸能人でも利用している人が多いんだとか。
毛が生えてくるのを抑えるだけではなく、毛を薄くしたり、お肌の保護までしてくれるとっても優秀なローションなんだそうです。

カミソリとかで自己処理をしたあとに抑毛ローションを使えば、お肌の保護にもなるし生えてくるのも抑えてくれるし一石二鳥ですね。
もっと早くこのローションの存在を知りたかったです。

ちなみに大人だけではなく、子供向けの抑毛ローションもありそうです。
子供でも毛が濃かったり、思春期の女の子になればムダ毛が気になるものです。
でもまだ子供なのに抜いたり剃ったりするのはお肌の負担になるんじゃないかとちょっと心配ですよね・・。
子供用の抑毛ローションなら優しい成分で作られているのでお肌への負担も心配ないし、ムダ毛の悩みも解消できていですよね。
私が子供の頃にも、こんな便利な商品があればよかったのに・・・。
男性でもひげそりが面倒で、使用している人も意外と多いそうです。
性別や年代を問えず使える抑毛ローションって便利ですね!
今後はもっとヒットするんじゃないかと思います。
私も試してみよう(^-^)

バツのふだを持った女の子イラストムダ毛処理を自分でする人の中で、ハマることが多い方法が毛抜きを使ってムダ毛を抜くことです。

スッとキレイに抜けると気持ちがいいし、抜いた直後の見た目はカミソリなどで処理した後よりも綺麗に見えるし達成感があります。
ムダ毛を抜くのは気持ちいい・・その気持ちはわかりますが、ダメなんです!

ムダ毛を毛抜きで抜いていて、血が出たことってありませんか?
無理やりムダ毛を毛抜きでぬこうとすると血が出ます。
血が出ると、毛穴が広がってしまう原因になってしまい結果的にひとつの毛穴から毛が2本も3本も生えてきてしまったりするんです。

それに毛穴が赤くなったり、生えてきた毛に皮膚がかぶさっている状態になったことはありませんか?
皮膚がかぶさってしまった毛を、埋没毛と言います。
これが気になって、皮膚をむいて中野毛を抜こうとする人がいます。
むしろそれがまた楽しくて気持ちがいいという人もいますが、そんなことを繰り返していたら今度は毛穴にバイキンが入ってしまいます。

バイキンが入ってしまうと、しこりのようなものができたり、ニキビのようなものができたり、ウミが溜まってしまったりします。
ひどい状態になると、手術しなくてはいけなくなるんです。
知っていましたか?

ムダ毛を抜くのが気持ちいいからといって、自己判断でムダ毛を抜くのはダメです。
どうしても抜かなくてはいけない場合には、きちんと消毒をして抜いた部分にバイキンが入らないように十分に注意して行うようにしてください。

女性のビキニラインイラスト
女性なら誰でも気になるビキニラインのムダ毛処理。
脱毛サロンに行きたいけれど、そんな時間もない・・・。
でもビキニラインのムダ毛処理はしたい!

自宅でカミソリでのムダ毛処理というと、剃るだけ簡単というイメージ。
でも注意しないとお肌が荒れてしまうことも。

まずカミソリで剃る前に、長いようであれば毛はハサミでカットしておきましょう。
この方がカミソリに毛も絡みにくくなるし、剃りやすくもなります。
毛が長いままだと上手く剃ることができないので、無駄に力が入ってしまってお肌を痛めてしまう可能性があるので無理に剃るのはやめてくださいね。

そして剃る前に、ビキニラインを清潔にします。
お風呂で処理するのであれば、洗ってお湯で毛もお肌も温めてから剃る方が柔らかくて剃りやすいです。
もちろん、使うカミソリも新しいものか清潔なものを使ってくださいね!
剃るときはデリケートゾーン用のクリームや、ワセリンなどでお肌を十分に保護してから剃るようにしましょう。
ただでさえデリケートな部分なので、お肌のことを考えるのは忘れずに。

剃り終わったらカミソリをきれいに洗い、よく拭いて乾かして保管します。
剃った部分は、冷たくしたタオルなどで冷やせば毛穴も引き締まりお肌も落ち着きます。

自宅でビキニラインをカミソリで剃る場合は、注意点を守ってお肌の負担にならないように気をつけながら剃りましょう!

足を気にする女の子のイラスト
毛の濃さって人によって全然違いますよね。
顔も育った環境も、そもそも違うのだから毛の濃さが違うのも当然かもしれませんが女の子が毛深いってかなり大変なことなんです。
見えないところの毛ならまだなんとかなりますが、目に見える部分の毛が濃いのは本当に苦労します。

そもそも毛が濃いということは、小さい頃からある程度分かってきますよね。
同級生と比べると腕の毛や足の毛の違いに、特に女の子は敏感に気が付くと思います。

私の友達でも、小学生の時から毛が濃い女の子がいました。
顔が本当にお人形みたいに可愛いのに、本当に毛深くて毛深くて。

足の毛なんか、やっぱり制服もスカートだし気になるみたいで登校前に剃ってから来ていたそうです。
でも部活が終わって夕方家に帰ろうとする頃にはもう生えてきてしまっていたとか。
もはや男の人でヒゲが濃い人がよく言いそうなフレーズですよね・・・。

さすがにそれだけ毛が濃いと、脱毛しようかどうしようかなんて悩みません。
もうするっていう決意しかありませんでした。

ただ当時、まだ年齢は15歳。
親と一緒に行くしかありませんでしたが、やっぱり毛が濃くて悩んでいたのを両親もわかってくれていたようでお母さんと一緒にサロンに行ったみたいです。

思春期だと、心無い男子にからかわれてりして嫌な思いすることも多いんですよね。
思春期の悩みって、結構重大です。
思春期のお子さんを持つお父さんお母さん、そんなことどうでもいいでしょ!って邪険にしないでたまには真剣に話聞いてあげてくださいね!

サロンに通うのが面倒くさくて自宅での脱毛にチャレンジしてみました。
巷で噂のブラジリアンワックスです。要するに蜂蜜ワックスなのですが、私個人的には割とスッキリぬけました。

自宅でも作れるようなのですが、やはり面倒なので購入しました。キッチンペーパーの様な片側に凹凸面のある紙を使います。

使い方としては、ヘラやスプーンなどで脱毛したい部分にまんべんなく塗り込み、前述にある紙のデコボコしたほうを塗り込んだ部分にあてて、版画をする時の要領で擦りまくります。

1分くらいしたら毛の流れと反対方向に、肌に沿うように一気に引きはがします。最初は少し痛かったですが、結構抜けたので無問題でした。

抜いた後にしっかりケアをすれば、少なくとも1週間くらいは現状維持できます。

ケアは、カミソリでそるときもそうですが、した後に冷たいシャワーか冷たく濡らしたタオルでしっかりと冷やして毛穴が広がらないようにして、ボディクリームをたっぷり塗れば割とすぐには生えてはこないようになると思います。

肌荒れで顔が赤くなった女性

顔の産毛を剃る時に、みなさんは一番どんなことに注意して剃りますか?
間違えて顔を切ってしまわないようにとか、剃り残しがないようにとか・・。

顔の産毛をそるときって、顔に乳液とか何かつけて肌を保護してカミソリ負けとか、荒れてしまわないようにして剃ると思います。

でも・・・正直めんどくさいなあって思ったことありませんか?
それに顔に何か塗ると、産毛が見えづらいなあーって感じたことってあると思うんです。

私がが産毛を剃らなくてはと思っていたある日、何があったか忘れましたがイライラしてました(笑)
そしてなーんにも顔に塗ったりもせずに、持っていた一番安いカミソリで何を思ったのか顔の産毛を剃ったんです。

剃ってる時は良かったんですよ、顔に何にもつけない方が産毛がよく見えるし剃りやすいーとか思ってました。
で、剃り終わってから顔を保湿しとけば問題ないだろうと思ってたんです。

しかし数時間後・・・。
顔の肌は真っ赤になってしまったんです。
そうです、カミソリ負けです。

赤くなるのと、ボツボツみたいになるのとで顔はまあひどい状態。
なんであの時、めんどくさがってあんな産毛の剃り方をしたんだとすごく後悔しました。

実は私・・・かなりのめんどくさがりで足でも同じ思いをしたことがあったんですよね。
急にスネ毛のさわさわした感じが気になって気になって、そのまま何もつけずに剃ったんです。
もうわかってると思いますが、顔と同じ状態になりました。

でもスネなら、スカートはやめてパンツを履くことにしようとかどうにかして隠すことはできます。
顔はどうにもならないんです!
そのカミソリ負けした肌を隠すために、ファンデーションを塗りたくなるけど塗ってはダメです!
そっとしておくのが一番ですよ・・・治るのがもっと遅くなってしまいます。
・・・みなさんはこんな馬鹿なことはしないと思いますが。

毛を剃るときはめんどくさがっちゃダメ!